ホルモン剤は妊娠する確率を高める効果があるのか?ホルモン剤は妊娠する確率を高めることが出来る

ホルモン剤とは

婦人科系の病気を改善する為にいろいろな薬が処方されますが、その内の1種がホルモン剤と言えます。ホルモン剤というのは女性ホルモンが配合された薬で、女性ホルモンは排卵前に分泌量が増加し卵胞と子宮内膜の成長を促進する働きがあるエストロゲン、排卵後に分泌量が増加し子宮内膜の厚みを保つ働きがあるプロゲステロンとがあります。

そしてこの2つの女性ホルモンを人工的に生成し配合した薬がホルモン剤なのです。

ホルモン剤の効果

女性ホルモンは生理、妊娠などの女性特有の体の変化を調節する働きがあり、女性ホルモンのバランスが乱れると様々な不調が出てしまいます。

ホルモン剤はそんな不調が出た時に人工的にホルモンを増加することでホルモンバランスをコントロールすることが出来ます。

効果としては生理不順の改善、月経前症候群や更年期障害の緩和といった生理周期に関係する体の不具合を改善してくれます。

さらに子宮筋腫、子宮内膜症、子宮癌、乳癌などの病気や不妊症の治療などにもホルモン剤が処方されます。病気により使用されるホルモン剤の種類は異なりますが、体内のホルモンバランスをコントロールすることで不調を改善するので全てホルモン療法と言われます。

プレマリンで不妊治療が可能なのかどうかを御考慮ください。
■女性ホルモン剤「プレマリン」の個人輸入代行、販売・通販
■URL:http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/premarin625.html

ホルモン剤の妊娠への効果は

不妊治療においては自然妊娠を促す為の治療として医師よりホルモン剤が処方される可能性があります。ホルモン剤を服用すると女性ホルモンのバランスが調整されて妊娠する確率が高まります。

妊活で役立つホルモン剤としては、排卵障害の治療で処方されるクロミフェン製剤、シクロフェニル製剤などの内服薬が排卵誘発剤と呼ばれるホルモン剤です。

その他にも子宮内膜が厚くならないから受精卵が着床しないといった着床障害の人に対して黄体ホルモン剤を処方する場合まります。

ホルモン剤は女性ホルモンに働きかけるので副作用が強いと言われています。それらの副作用は一時的に女性ホルモンが増加することで起こる症状なので摂取し続けると体が慣れて症状は緩和するケースが大半と言えます。

なので医師の指示通り内服すればホルモン剤は妊活の役に立ちます。